悲しいお知らせ...

ヨークシャーテリアのリキ、14歳10ヶ月と29日でした...


  * 画像クリックで拡大...


1.
f0152550_18333953.jpg




2.
f0152550_18334983.jpg




3.
f0152550_18335647.jpg




4.
f0152550_22175506.jpg




5.
f0152550_18340294.jpg




6.
f0152550_18340992.jpg




7.
f0152550_22185408.jpg




8.
f0152550_22190509.jpg




9.
f0152550_18341651.jpg




10.
f0152550_18342377.jpg




11.
f0152550_18343293.jpg




12.
f0152550_18343825.jpg




13.
f0152550_22195149.jpg




14.
f0152550_22200880.jpg




15.
f0152550_18344978.jpg




16.
f0152550_18354277.jpg




17.
f0152550_18354902.jpg




18.
f0152550_18355632.jpg




19.
f0152550_18360266.jpg




20.
f0152550_18361081.jpg




21.
f0152550_18361710.jpg




22.
f0152550_18362443.jpg




23.
f0152550_18363239.jpg




24.
f0152550_18363773.jpg




25.
f0152550_18364593.jpg




26.
f0152550_18374820.jpg




27.
f0152550_18375822.jpg




28.
f0152550_18380382.jpg




29.
f0152550_18381228.jpg




30.
f0152550_18382199.jpg




31.
f0152550_18382963.jpg




32.
f0152550_18383772.jpg




33.
f0152550_22214697.jpg




34.
f0152550_18384527.jpg




35.
f0152550_18385751.jpg




36.
f0152550_18390401.jpg





リキとの思い出...
(長文なのでスルーされる方はご自由に...)

私は2004年9月30日に先天的な病気(脳動静脈奇形)で12時間におよぶ開頭手術を受け、
術後の右半身麻痺から4ヶ月の入院とリハビリ生活を送りました。

4ヶ月で体調は何とか回復したものの右脚には後遺症が残り、
日常生活や趣味で諦めなければならないこともありました。
そこで、今後のリハビリのお供ということでリキがわが家にやってきました。
誕生日は2004年11月18日なので、私がリハビリの真っ最中に生まれたヨーキーです。
実はペットショップで見初めたのも「リキ」と命名したのも、私なのですが...


休日のリハビリ散歩はそれなりに頑張って歩きました。
鴨川沿いを10キロ近くとか小型犬には厳しかったかもしれませんが、
嬉しそうに短いシッポを振って、いつもルンルン気分で付き合ってくれました。
歩くのが大好きなワンコでよかったです。

ただ歩くだけじゃ長続きしないと考え、リキとの散歩をきっかけにデジタルカメラとこのブログを始めました。
散歩中でもカメラを向けると立ち止まってこちらを向き、シャッター音がするまでそのままじっとカメラ目線してくれてました。
撮られてることが、ちゃんとわかってたみたいです!!

そんなリキのおかげで右足首の補助装具も外せるようになりました。
今でも障害はちょっと残ってますが、ここまで復活して見た目も普通になったのはリキのおかげです。
もちろん、SMAP香取慎吾似の大学病院の主治医の先生や家族の支援もありましたが、
リキの癒しは時にそれ以上のパワーとなりました。
私にとってリキは、フィジカル面だけでなくメンタル面でも最強のパワーペットに進化してました。


個人的には、
クリクリした丸い目と黒い鼻先の3点のバランスがとてもカワイイと思います。
散歩していても見知らぬ人から「かわいい !!」と声をかけられることが内心ちょっと嬉しかったのです...
(親バカというやつですが...)

スーツで出勤する平日の朝は知らん顔ですが、
休日で私服になると「散歩連れていけ !!」アピールがものすごかったのです。
仕事なのか遊びなのか、わかってたのかなぁ〜
でも散歩中に他のワンコと遭遇すると、たとえ相手が大型犬であっても必死に吠えまくるので大変でした。
躾がちゃんとできませんでした...


そんなリキにも持病があって、尿管結石で全身麻酔の開腹手術を2回受けました。
かかりつけ医からは、腎臓が悪いし、さすがに3回目の全身麻酔で開腹手術は無理と宣告されてしまい、
指定されたドッグフード以外食べてはいけないとなりました。
毎日毎日、同じドッグフードを飽きもせずガツガツ食べていたので、
時々リンゴ・ミカン・キウイとかヨーグルトをつまみ食いさせてました。
めちゃくちゃ嬉しそうな顔をするので、ついつい与えてしまうんですよねぇ...
特に鳥の手羽先の匂いには異常に反応してたので、きっと一番の大好物だったのではないかと思います。
(さすがにこれは食べさせませんでした...)


いつも元気で、私が帰ってくると必ず「撫でてくれぇ〜」と近寄ってきたリキも、2年くらい前から体力の衰えが見え始め、
軽々と飛び乗ってたソファも一度のジャンプで上がれなくなることが増えました。
ここ数年の京都の夏の暑さも小型犬にはキツかったのだと思います。
特に今年になってから衰えは激しくなり、散歩連れてけアピールは以前と全く変わらなくても、
歩き出しても立ち止まったり、以前ほど歩こうとはしなくなりました。

さらに春頃からは一段と食事量が減少し、水もあまり飲まなくなって、
一日中お気に入りのソファの上で寝てることが多くなりました。
この夏は毎週の点滴で何とか凌いできましたが、10月になって体重もとうとう1.3kgになってしまいました。
毎朝スマホカメラを向けると立ち上がってカメラ目線をくれていたのですが、もう寝そべったままで動こうともしません。
それでもオシッコがしたくなったら、無理していつものトイレの場所に向かって歩き出そうと立ち上がっては、よろけて倒れてばかり...
ガリガリに痩せた体なのに、そんな健気な姿を見せられると涙が出てきます。
かかりつけ医の「もう、治療するよりも好きなものをあげてください...」とのアドバイスを嫁からLINEで知らされて、また涙...



10月16日の夜12時前、リビングのいつもの場所で寝そべったままのリキとのアイコンタクトが最後となりました。
今思い返すと、リビングの電気を消す私を目線でず〜っと追い続けていたのは、何か言いたかったのかなと...
翌朝、寝そべっていた場所から少し離れたところで冷たくなって横たわっていました。


嫁と二人で朝から号泣でした...
人生で一番泣きました...
社会人1年目に父親が亡くなった時よりもボロボロ泣きました...
通勤電車の中でも涙目の変なおっさんになってました...

その時は近いだろうと覚悟はしてましたが、なんだか思ってた以上にキツいです。
ペットロス?
引きずりたくはないけど、しばらくは引きずるかなぁ...
社会人になって家を出ていった娘が、私を心配して昨晩帰ってきましたよ... (笑)



まぁね、
還暦過ぎたおっさんが何を女々しくウジウジしてるねんと自分でも思います。
SNSなんかにこんな文章を書くのもどうかと悩みましたが、やっぱりどこかに残しておきたいと思いアップしてます。
元は自分の病気がきっかけとはいえ、リキがいなければカメラもブログも始めなかったし、
それらがなかったらこんなに様々な人たちと知り合うこともなく、今の自分もなかったかなと...
(性格もちょっと変化したかも...)
リキがいなかったとしても違う人生を過ごしていたでしょうが、ほぼ15年のリキとの生活以上にはならなかったと思います。

もう感謝しかありません...

ひとつ残念なのは、リキの写真は何千枚もあるのに、
私と一緒に写ってる写真は、11.と33.以外には家族写真のわずか数枚しかなかったこと。
もっと撮っておけばよかったと後悔です...


リキはわが家で過ごして楽しかったのかなぁ...
次から次へと様々なことが思い出されるのですが、
どんどん収拾がつかなくなるので、リキのことをアップするのはこれで最後とします。


以上、
リキを可愛がっていただいた皆さんへ、悲しいご報告でした。
ありがとうございました!!
私の方はペットロス(?)からぼちぼちと復活していきますので、引き続きよろしくお願いいたします...

ブログランキング

  1.〜36. FE 24-105mm F4 G OSS & iPhone X & Other


by G7_2007 | 2019-10-20 17:30 | ワンコ | Trackback | Comments(20)

トラックバックURL : https://g7blog.exblog.jp/tb/30835935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2019-10-20 17:42
心身のリハビリを支えてくれたのが、
リキ君なんですね。
リキ君のご冥福をお祈りいたします。
想い出をいっぱいありがとうございます。
リキ君、喜んでいますよ。
Commented by mzdog43 at 2019-10-20 18:50
ううむ。
ペットレスか・・・
うちの柴犬は8歳です。
ちょっとお腹の調子をくずしたりすることが多くなりましたけどね。
犬って、飼っているとただの犬ではなくなるんですよね。
ありきたりだけど、家族になりますね。
ご冥福をお祈りします(_ _)
Commented by nakajimaakira1948 at 2019-10-20 21:19
G7 さん、残念です。

リキくん、天国でコムギと一緒に遊んでくださいね。

合掌

Commented by trial05 at 2019-10-20 22:56
あら!!
涙目。
大いに泣きましょう、可愛かったリキちゃんのために。

ご冥福をお祈りします
Commented by yokeymama at 2019-10-20 23:01 x
こちらのコメント失礼します。
沢山の思い出尽きませんよね。 

私も先月に3ヨキの1匹が逝ってしまい、夫婦でロス
状態…暫くかかりそうですけどそろそろ復活しなきゃ。

リキくん、虹の橋🌈でアトムと仲良くしてね

🙏
Commented by kurese0535 at 2019-10-21 09:21
おはようございます。
G7さんにそんなことが!!
リキくんとの出会いのきっかけだったんですね。
そしてこのブログへと続くんですね。
お会いできませんでしたが毎朝、インスタでリキくんのお写真拝見しいましたので
先日のインスタの報告に僕も泣いてしまいました。
リキくんのご冥福をお祈りします。

G7さん、ペットロスでおつらいと思いますが
またバイクに乗ってカメラ片手にお出かけしてください。
Commented by 雪だるま at 2019-10-22 07:29 x
愛犬を失うのは本当につらいものです
それを避けるため、複数の愛犬を飼われる方も多いそうです
愛されてきた犬
遥か以前から人の傍らには犬がいましたね
Commented by choco-arare at 2019-10-22 20:39
リキ君、ご主人を大事に生きてきてくれたんですね。
極楽にはchoco君もいると思います、そのうち私たちも一緒になれるかもしれません。
その時まで一生懸命生きていきましょうね!
合掌
Commented by hanashigai at 2019-10-22 21:12
タイトルとサムネイルでリキちゃんが旅立たれたのがわかってしまい、そしてG7さんとご家族の皆さん、リキちゃんの思いが伝わりすぎて僕も泣けてしまいました。
こんな時にどんな言葉を掛けて良いのか・・・52年も生きていながら言葉が上手く出てきません。
「絶対に」と言えることはリキちゃんはG7さんご家族と出会い一緒に暮らせて最高に幸せだったし、G7さんに出会えたからこそ天命を全うできたと思います。
僕も40年間近く保護猫ばかりですが、一緒に暮らしてきて、多くは病気が原因で別れを迎え、その子たちが最後の日を迎えた時は、僕もメソメソ泣いて悲しみに暮れてしまった女々しいオッサンです。
女々しい僕が言うなとツッコまれそうだけど、早くG7さんとご家族の心の平穏が訪れますように。
Commented by tad64 at 2019-10-24 11:04
G7さんと北山ハローウィンでニアミスしたのは何年でしたでしょうか?(2006年位だったかな?)
まさか2004年9月30日に先天的なご病気で12時間におよぶ開頭手術を受けられたとは知らずに失礼いたしました。、
術後のリハビリ生活を通じて出会われたのがリキ君だったのですね。それ以来家族として14年強生活を共にされてこられたことを考えると今回のことは本当にお辛い事と心中お察しいたします。
リキ君の可愛いい沢山の写真がG7さんとの素敵な生活を生き生きと物語っていますよね!!
心よりご冥福をお祈り申し上げるとともに、心を強く持って下さいますように。
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:00
◆umi-bariさん
ありがとうございます。
リキは私にとって最強に進化したパワーペットでした...
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:03
◆mzdogさん
ありがとうございます。
そちらは8歳なんですね。まだまだこれからですね!!
そうです。完全に家族の一員でした...
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:09
◆nakajimaakiraさん
ありがとうございます。
先日もお話したように、コムギさんを知ったからリキがわが家に来たようなもんです。
nakajimaakiraさんには、一度だけリキに会ってもらいましたが、
コムギさんとは会うことができませんでした。
今頃、天国でコムギさんとリキが一緒に走りながら、飼い主のことでも話してるんでしょうね...
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:12
◆trial05さん
めちゃくちゃご無沙汰でしたね。
私も日に日に落ち着いてきたので、もう泣くことはないでしょう...
ありがとうございます!!
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:15
◆yokeymamaさん
ありがとうございます。
アトム君、ヨーキー同志できっと天国でリキと仲良くしてくれるでしょう...
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:20
◆kurese0535さん
ありがとうございます。
はい、病気がきっかけでワンコや写真やブログに趣味が広がりました。
私は着実に復活し始めていますので、引き続きお付き合いいただけると嬉しいです...
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:25
◆雪だるまさん
ありがとうございます。
ペットロスにならないように、多頭飼いされる方もいらっしゃいますね。
それもちょっと考えた時期があったのですが...
リキは初めてのペットでしたが、最強の相棒でした!!
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:29
◆choco-arareさん
ありがとうございます。
そうそう、天国にはchoco君がいますよね。
コムギさんもいるし、きっとリキも楽しいのではないかと思います!!
空の上からそれぞれの飼い主の噂話でもしてるんでしょうねぇ〜
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:34
◆hanashigaiさん
ありがとうございます。
そう言っていただくと、悲しさもかなり和らいできます...
hanashigaiさんも女々しく泣かれましたか。やっぱりそうなりますよねぇ〜
私はボチボチと復活し始めていますが、嫁の方が格段に復活が早いです!!(笑)
Commented by G7_2007 at 2019-10-24 22:42
◆tadさん
ありがとうございます。
ブログ仲間とは知らずにtadさんと隣り同士で同じものを撮っていたのは、2007年の北山ハロウィンですね。
カメラもまだコンデジ(canon PowerShot G7)でした。リキは3歳!!
私は日に日に立ち直りつつありますので、引き続きよろしくお願いいたします...

名前
URL
削除用パスワード

<< 晴明神社 神幸祭 -2- 晴明神社 神幸祭 -1- >>