KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 -1-

KYOTOGRAPHIE 2019 の会場の一つ、京都新聞社の印刷工場跡の展示を見てきました。
京都在住の美術家・彫刻家である金氏徹平氏の作品ですが...

すみません、こういうのに疎くて知らなかったし、作品を見てもなんだかよくわかりませんでした...
でも、こういうのを撮るのは楽しかったです!! σ^_^;


  * 画像クリックで拡大...


1.
f0152550_19593064.jpg




2.
f0152550_19592414.jpg




3.
f0152550_19591708.jpg




4.
f0152550_19591155.jpg




5.
f0152550_19593867.jpg

6.
f0152550_19594573.jpg





































7.
f0152550_19595126.jpg




8.
f0152550_19595724.jpg




9.
f0152550_20000447.jpg




10.
f0152550_20001183.jpg

11.
f0152550_20011265.jpg





































12.
f0152550_20005883.jpg




13.
f0152550_20010595.jpg




14.
f0152550_20011927.jpg




15.
f0152550_20012612.jpg




16.
f0152550_20013282.jpg




17.
f0152550_20013858.jpg




18.
f0152550_20014533.jpg

19.
f0152550_20015114.jpg





































20.
f0152550_20015760.jpg




21.
f0152550_20025187.jpg




22.
f0152550_20030104.jpg




23.
f0152550_20032353.jpg

24.
f0152550_20031257.jpg





































25.
f0152550_20033422.jpg






以下は、KYOTOGRAPHIE の公式サイトからの引用ですが...


「現代美術家・彫刻家として活躍する金氏徹平は、音響や映像を扱うアーティストと共に、京都新聞の旧工場跡地と移転後の新工場で撮影した写真・映像および録音した音を用い、新作と旧作を織り交ぜて展示する。美術としての写真というメディアと、情報の複製、伝達、流通の手段としての新聞というメディアを、インクなどの液体と紙という物質として捉えて制作に臨んだ。
インクが画像や文字、そして情報となり、新聞として世界中に流通し、そしてその記憶が世界像を形成するように、私たちの世界では様々な流動的な物やイメージが「循環」していることに着目。インクも含めた液体が地球のあらゆる場所や生物の体内にも循環して生命や生活を構成している物質として捉え、そこに含まれる運動やノイズも含めて、新たにオルタナティブな世界像を想像させる作品へと昇華した巨大インスタレーションを発表する。」


ううむ、何度読み返しても、よ〜わからん !! 😅

ブログランキング

  1.〜25. FE 24-105mm F4 G OSS


# by G7_2007 | 2019-05-21 21:00 | 京都スナップ | Trackback | Comments(2)